残業続きでストレスが限界寸前のカオル君...
前回に引き続き、上司への伝え方について作戦を練っているが、その成果やいかに?


・マンガで学ぶコミュニケーション ~ オタク男子のコミュ障克服の物語 ~
登場人物紹介
投稿一覧


今日は前回に引き続きアサーション的な話し方について、ステップ3から話を続けるよ。


☆アサーション的な伝え方
ステップ1. ビジョン、思いを伝える
ステップ2. 具体的、客観的な事実を伝える
ステップ3. 自分の偽らざる気持ちを伝える


今回が最後のステップですね。よろしくお願いします。

ステップ3は自分の偽らざる気持ちを伝える。

むむむ...自分の偽らざる気持ちを伝えるですか?

そう、前回ステップ2でまとめた事実と影響について、
カオル君が実際のところどう感じているか?ということだね。


☆具体的、客観的な事実とその影響
・後輩の△△君は仕事をあまり覚えていない状態
・お客さんの要求が今後増えていくと、締め切りに遅れてしまうことが増えると思われる。


うう...こんな状態が続くと、やっぱり将来が心配ですよ~
今の状態をさっさと終わらせて早く気持ちを安心させたい!

それがカオル君の偽らざる気持ちなんだね。
どんな風になったらカオル君は安心できるだろうか?

後輩の△△君に仕事を覚えてもらって、彼に仕事をまかせて、
目標をラクラク達成できるようになったら安心ですね。

ではその気持ちを上司に伝えてみてはどうだろう?

またまた上司に伝える風にまとめる訳ですね。
こんな感じかな?



後輩の△△君が仕事を覚えていくことができるように、
△△△君にも今後少しずつ仕事をお願いして、
僕と△△君の二人で目標を達成できるように指導していけたとしたら、
僕としても安心なのですが、〇〇さんはどう思われますか?

なるほど!いい感じだね。
ここでのポイントは自分を主語にして気持ちを伝えるということだよ。

そうなんですね。
それはどうしてなんですか?

例えば、自分を主語にする代わりに、上司や後輩を主語にして何か文章を言ってごらん。

えーと...
「上司は仕事を僕に押し付ける。」
「後輩は仕事ができない。」

相手を主語にすると、誰かを評価するニュアンスになるよね。
それは「本当はこうあるべき」という自分の基準に照らし合わせて、
他者を評価したりジャッジするニュアンスが言外に含まれているからなんだ。

確かにそうですね!
僕の心の中に
「上司は仕事を押し付けないべき。」
「後輩はもっと仕事できるべき。」

という基準があるような気がします。

人は誰しも他の人の基準で自分のことをジャッジされたり、評価されたくないものだよ。
だから、「あなたは〇〇だ。」のような言葉を人に投げかけると、時に人を傷つけたり、反発を受けたりする。
それでは代わりに、自分を主語にして気持ちを伝える文章を言ってごらん。

「仕事を押し付けられることは、僕にとって苦しい。」
「僕は後輩が仕事ができないことが、悲しい。」

さっきとだいぶニュアンスが変わって、より受け取りやすくなるよね?
それは自分の素直で正直な気持ちをオープンに伝えているから。
一見、よわよわしそうにも見えるけど、本当に人の気持ちを動かすのは、
他人を主語にした「YOUメッセージ」ではなく、自分を主語にした「Iメッセージ」なんだよ。
このことは覚えておいた方がいい。

本当に人の気持ちを動かす言葉は「Iメッセージ」ですか...

...そう。
「あなたはこうすべき」のような「YOUメッセージ」は一見ダイレクトだし強力に見えるよね。
しかし、誰であろうと人に命令してコントロールし続けることはできないんだよ。
コントロールはいつか必ず反発を生みだす。
これは、例え上司と部下であっても、親子であっても、夫婦であってもそう...
本当に人が動くのは命令ではなく、誰かの気持ちにふれて、自分の気持ちが動いたときなんだ。

誰かの気持ちにふれて、自分の気持ちが動いたとき...
...確かにそうかもしれません。

「Iメッセージ」は他の人を評価したり、ジャッジしたりしない。
一見よわよわしく見えるけど、本当は力強い「愛のあるメッセージ」なんだ。
それが「愛メッセージ」

うう...いつもはウザいはずの先輩のダジャレが、
なぜか今日はいつになく心に響くなあ...
それは僕の心が残業続きですこし弱っているからなのかしら...?

ふふふ...
本当は力強い愛のメッセージ...
それが「愛メッセージ」
大事なことなので2度言いました。(ドヤ顔)

(うっ...やっぱり、ウザいかも?!)


...繰り返されるとやっぱりウザかった、タカシ先輩の愛のメッセージ。
繰り返された「愛メッセージ」の微妙なウザさが後を引くなか、次回へ続く


マンガで学ぶコミュニケーション
~ オタク男子のコミュ障克服の物語 ~
(...次回へ続く


(応援クリックしていただけると励みになります!)

コミュニケーション・会話ランキング


s__14663686