前回のブログで上司への「うらみ、つらみ」がたまって臨界寸前だったカオル君...
カオル君は爽やかに上司に思いを伝えることができるのだろうか...?


・マンガで学ぶコミュニケーション ~ オタク男子のコミュ障克服の物語 ~
登場人物紹介
投稿一覧


それでは、今日はいよいよアサーション的な伝え方について解説していくぞ。

...やっとですね。
ていうか先輩、今まで前置き長すぎですよ~

うっ...!そ、そうかな?
長かったかな?
カオル君、上司に言えないという割には、結構僕にはズバズバ言いますね。

僕は上司と自分より立場が上の人以外には、ズバズバ言うんです。

そ、そうなのね...(汗)
...えーと、それは一体どういうことなのかしら?
あまり詳しくツッコミたくないような気もしてきたので、とりあえず解説します。
アサーション的な伝え方はこんな感じで成り立っているんですよ。


☆アサーション的な伝え方
ステップ1. ビジョン、思いを伝える
ステップ2. 具体的、客観的な事実を伝える
ステップ3. 自分の偽らざる気持ちを伝える


3ステップなんですね。
なんか難しそうです~

大丈夫!
繰り返し練習して慣れていけば、誰でもできるようになるんだよ。
今回は初めてこのやり方を伝えるので、
順を追ってゆっくりと説明していくね。

はい!よろしくお願いします!

まずは

ステップ1. ビジョン、思いを伝える

ここでのビジョンってどういう意味ですか?

ビジョンを簡単に言うと
「どのような未来をつくっていきたいか?」
ということだよね。

そうなんですね。
でも、いきなりビジョンって言われても思い浮かばないなあ...

以前カオル君に質問した時に、本当はチームとこうあって欲しいということを言っていたよ。それがビジョンになるよね。
という訳で、カオル君が以前言っていたことをまとめてみたよ。


☆カオル君の望むチームとしての望ましい姿(ビジョン)
・後輩にもっとしっかりして欲しい。
・後輩に責任感をもって仕事をバリバリやって欲しい。
・上司も少しは後輩に仕事をお願いして、仕事を覚えるようにして欲しい。
・後輩に仕事を覚えて欲しい。


そう、それですよ!将来の望ましい姿は!
さすがタカシ先輩!

まずSTEP1の目指すところは「ビジョン」「思い」
上司との間に共通する領域を見つけるということだよ。
下の図でいうと (c) の領域だね。





なるほど、最初のステップはお互いの気持ちが重なるところからスタートする訳ですね。

そうだよ。だから上司がどんな思いを持っていそうか、一度書き出してみるといいよ。

上司の思いですか?
上司の〇〇さんは様子を見ていると、事なかれ主義っぽいからなあ...

その〇〇さんの事なかれ主義っぽいところを一度書き出してみれば?

そうですね~
やってみます。


(数分後...)


どうだった?

できました。
普段の上司の様子を見ているとこんな感じです。


☆カオル君の上司の思い
・部の目標を達成したい。
・締め切りを守りたい。
・部長に怒られたくない。
・お客さんに怒られたくない。


なるほど。まとまってきたね。
では次回はいよいよこれを元に上司にどう伝えるかを考えていくよ。

はい!よろしくおねがいします!


事なかれ主義の上司と上司への「うらみ、つらみ」がたまっているカオル君...
新しいコミュニケーションで、この二人が分かり合える日は来るのであろうか?


マンガで学ぶコミュニケーション
~ オタク男子のコミュ障克服の物語 ~
(...次回へ続く


(応援クリックしていただけると励みになります!)

コミュニケーション・会話ランキング


s__14663686