前回のブログで恋愛予備校の東京ラバーズアカデミーで、講義をしたお話を書きました。


講義では、『潜在意識から自分に自信をつける秘訣』というテーマでお話させて頂きました。


婚活中の方のサポートをしていると、「とにかく自分に自信がないんです」というご相談をたびたび受けるので、このテーマでお話をすると何か助けになるのでは?...と思ってこのテーマを選びました。


みなさんは自分に自信がある人と、自信がない人の違いは何だと思いますか?
また自分に自信があるかどうかで、どんな違いが生まれると思いますか?


その違いを説明するために、二人のある新入社員の例え話をしますね。


wallpaper-cute-cat-09


ある会社の面接に二人の新入社員が合格しました。


二人は学歴も能力もほぼ同じ、仕事についても両方とも経験があまりないという点でほぼ同じです。つまり、この二人は能力と経験ではまったく同じ条件にあります。


二人の置かれている条件はまったく一緒ですが、この二人にはある違いがありました。
...というのは、
新入社員のうち一人は自分に自信があるタイプ。
もう一人はまったく自分に自信がないタイプ。
...だったという点です。
この違いによって、二人にどんなことが起こるのでしょうか?


例えば、入社後に初めて仕事でミスをして上司から怒られてしまった場合...


自分に自信のあるタイプの社員は、
「上司は自分に期待してくれているから、仕事上のミスについて注意したのだ。次は期待に応えられる自分になれるよう頑張ろう!」
と思って、さらに努力を重ねていきました。


その一方、自分に自信のないタイプの社員は、
「ミスをした自分はやっぱりダメな人間だ。
上司にも自分のダメなところを早くも見せてしまった。きっと上司もあきれているのではないだろうか。」

と思って、さらに自分への自信を失くしてしまいました。


この二人の社員の考え方の差は、入社して経験を積んでいくに従って、さらに大きな差となっていきました。


自分に自信があるタイプの社員はミスをする度に、そのミスをバネにして、どんどん成長していき、やがて上司からも信頼され、来月からなんとリーダーに抜擢されることになりました。チームのメンバーも彼の今後の活躍を期待しています。


一方、自分に自信がないタイプの社員は、ミスをする度に自分に自信を失くし、自分を責め続けたあげく、元気がなくなっていき、たびたび体調を崩しがちになりました。
そしてある朝、出社しようと思っているにも関わらず、ついに布団から起き上がれなくなってしまいました。
そして、そのことをきっかけとして、彼は会社をたびたび休むようになってしまいました。
様子がおかしいと心配した上司が病院に行くことを進めると、診断結果は軽いうつ病との診断。
彼はしばらく会社を休職することになってしまいました。


二人は入社当初は、学歴も能力も経験もまったく同じ条件のはずでした...
その二人の違いを生み出したものは何だったのでしょうか?


最初にお伝えしたように、二人の違いを生み出した点は自分への自信。
...その一点だけです。


恐ろしいことに、自分に自信があるかどうかの違いだけで、人生の向かう方向が全く異なってしまうことがあるのです。


...あらためて考えてみると、ちょっと恐ろしい話ですよね。


自分に自信があるかどうかの違いが大きな違いを生み出すのは、ビジネスに限った話ではありません。


実はビジネス以上に、婚活や恋愛では、自分に自信があるかどうかがさらに大きな違いを生み出してしまうのです。


単純な話、ビジネスも恋愛も、自分に自信を持てばいいという話なのですが、
...それではと、例えば上司が自信がない新入社員に
「もっと自分に自信をつけなさい!」
と伝えれば全てうまくいくかというと、そうではありませんね。


なぜなら、自分に自信があるかどうかは、その人自身にもコントロールが難しい意識の中の深い領域~潜在意識の領域~が源になっているからです。


学歴も能力も経験もまったく同じ条件のはずの二人...
次回以降は、この二人の潜在意識の違いが生まれた原因と、どうやって自信をつければいいかについて、お話していきますね。


(応援クリックしていただけると励みになります!)

恋愛・結婚 ブログランキングへ


s__14663686